ボトックス(繭り返し注射を受けていると抗体ができてしまうこともあるでしょう)とは、ボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質の一種で、美容(見られることが一番の秘訣という説も。引きこもりがちになって、他人の目を意識しなくなると、努力することが難しくなるかもしれません)にも効果的な成分になります。 ボトックスは、神経伝達物質であるアセチルコリンの伝わりを弱める性質を持っています。 その性質を利用し、1970年代から神経内科や眼科での治療で用いられてきました。 一方、美容治療に使われ始めたのは、1980年代になってからと言われています。 近年では、世界約70カ国で美容(近頃では、女性だけでなく、男性でも意識している方が増えてきています)目的でのボトックス利用が広まっていて、一般人でも簡単にボトックス治療を受けられるようになりました。 ボトックス(ボツリヌス毒素製剤の商品名ですが、不正に使用されていることも多々あるようです)は顔のシワの改善に有効とされ、日本でもアンチエイジングに関心の高い女性の間で爆発的な人気を誇っていると思っているのです。 通常は注射で注入され、とても短期間で効果が実感できるため、その点がとても支持されています。 また、ボトックスの人気の理由は、シワに効くだけではなく、皮膚のキメが細かくなり、肌にハリが出て美肌(基本は何よりも洗顔でしょう)効果も実感できるという点にもあるのでしょう。 ただ、副作用(全くないというわけにはいかないというのが本当のところでしょう)が起きることもあるので、医師の説明をよくきいて判断するようにしてくださいー